就職する場合に有利になる

ゲームする人

ゲーム業界を少しでも調べたことがある方は、『ゲームクリエイターになるためには資格は必要ない』という情報を耳にしたことがあるかもしれません。しかし、なるために必要なくても、ゲームクリエイターとして就職する場合に必要になる可能性が高いので勘違いしないようにしましょう。資格を取得することで実力があることを分かってもらえ、就職活動がかなり楽になるので、ゲームクリエイターになりたいのなら取っておくべきです。なお、ゲームクリエイターという資格はないので、プログラミングやCGクリエーターなどの勉強をすることになります。その場合は一人で行うのは簡単ではないため、プロの力を借りるために、ゲーム作りに関する専門カリキュラムがある専門学校を利用することをおすすめします。ゲーム関連の専門学校なら何かしらの取得が取れるようになっていて、おまけに就職のサポートまでしてくれます。

関わりたいジャンルを決めよう

ゲーム

漠然とゲームクリエイターになりたいと考えていても、なるのはとても難しいといえるでしょう。なぜならば、ゲームは一人で作るものではなくチームで作るものなので、ゲームクリエイターというあやふやな目的を持っていても意味がありません。イラストレーターやプログラマーやシナリオライターなど、さまざまな手段でゲームに関わることになるため、自分が何をしたいのかハッキリとさせておきましょう。どの分野でゲームに関わるか決めたのなら、それを勉強することで得られる資格をチェックしてみましょう。国家資格はありませんが民間資格なら多くあるので、自分の希望するものが見つかるはずです。同じ分野でいろいろな民間資格が用意されている場合は、難易度が高いものを取得するようにすれば就職活動に役立つでしょう。そして、資格のことを調べれば、それを取得できる専門学校を見つけられます。ただし、ゲーム関連以外の専門学校も見つかるので、ゲームクリエイターになりたいのなら、ゲームに関するカリキュラムが用意されているところ選んだほうがよいでしょう。なお、自分一人ですべての作業を行うというのなら、ゲームクリエイターというあやふやな目的でも大丈夫です。プログラミングからイラストの作成などまで全部自分で行うのなら、立派なゲームクリエイターだといえるでしょう。ただし、道のりはかなり厳しいのでゲーム作りに必要なことを、効率的に学ぶ方法をしっかりと調べておいたほうがよいです。

広告募集中